スピリチュアル用語集

このページではスピリチュアルの用語を分かりやすく書いこうと思うんだ

 

精神的な探究をしていると、普段見たり感じたりできないことや、一般的にはあまり使わない言葉を多く使うからね


でも僕たちは、スピリチュアルな部分と物質的部分は歩み寄れるものと思うから

ちょっとした解説があるだけで、みんな便利だと思うんだよね

 

アース村解釈の簡単スピリチュアル用語解説だよ

波動とは

「全ての物は振動している、全く動かない物も」

そういっても通常の五感で受け取れないから、分かりにくいかもしれないね

 

そんなときは、温度を例にするといいよ

 

例えば水
温度が低いと氷になって固い、岩のようだ
常温では水だ液体だ
100度を越えると、気体となって目にはみえないし、風で飛んでいってしまう

 

この変化は温度がポイントだ

温度で変化するんだ

これは、物質の持つエネルギーがそうさせる

 

波動もこれににている、全ての存在が持つものだ
この世も天国も霊界もその間の世界も全て波動的存在だ、この物質界はその物質的な現れなんだよね

 

だから人間にいろいろアドバイスをくれる高次の存在は波動という言葉をよくつかうんだ

魔法みたいに感じるかもしれないけど、それはこの物質的世界の感覚から見たもので、宇宙全体で見ると魔法に満ちた世界の方が当たり前の世界なんだよ

 

でも、ハッキリ言ってしまえば波動って言葉は特別意識しなくても、大丈夫かと思うんだよ

感情や思考、思い、イメージとか、目に見えないものも言葉になっていて、代弁できる部分は多いからね

アセンションとは

次元上昇
とかいうけどそもそも次元ってなんだろう?

 

はじめは、物理的用語として
1次元 点
2次元 面
3次元 立体
4次元 立体の世界に時間の流れも追加

「ものの自由度」を表現するための物理学で使用する言葉がもともとなんだよね
一般的にも良く使うのは絵は2次元 、彫刻は3次元とかいう使い方だ

 

同時に世界観が違う場合も、次元が違うとも使う
魔法の世界と現実世界は次元が違うみたいにね

 

スピリチュアル的なつかい方はこの2つが混ざったような意味合いで使われる事が多いね

意識が上がると同時に世界の現れ方も変わってくるような意味でだよ

 

まあどっちにしても次元っていうのは 語る人の決めた定義 なので、言葉自体に確定した意味は無いんだよね

便利に使われている言葉だから、次元といったら大きな飛躍、今までと違ったレベル、現実世界から魔法の世界へと言った意味と思っていい

 

もしかしたら難しい物理学の場合もあるけどね

 

とにかくそういった広い意味で使われる言葉だね

ソウルメイトとは

魂の伴侶、運命の人
生まれる前から決めていた出逢い
親友や大事な仲間
家族、魂の家族
などに対して使われる言葉だね

 

でも、本当の意味では、自分が出会う人、見たり聞いたりする人、そんな人全てが、ソウルメイトと言えるんだ

 

魂同士の仲間のようなのがあって、生まれる前にいろいろ計画してくるんだ、そのなかには恋人もいるだろうけど友人やライバル、又は嫌な相手なんかもいていろいろ役割り分担してくるからね

 

本当の意味では出会う人みんなソウルメイトなんだよ

今後の予定

カルマ、ダルマとは

 

神とは

 

アカシックレコードとは

 

宗教とは

 

チャクラとは

 

奉仕とは

 

学びとは

 

輪廻転生とは

 

などなど


まだちょっと足りないけど、順次説明を足していく予定だよ